久留米絣工房藍木野 久留米絣への想い 〜第三回 井上伝さんの絣が私のところに〜

久留米絣工房藍木野ホームへ戻る 会社案内お問い合わせサイトマップショッピングホーム
久留米絣への想い井上伝と私

読み物コーナー 店主よしだの『久留米絣への想いと私の宝もの』

3.伝さんの絣が私のところに

井上伝の唯一の作品確か、13年前頃でした。わたしが久留米絣の収集に夢中になってる事を しって、学生時代からの友人yさんのお母さんが、『そげん好いとるなら代々家に残っ取る絣ばやるよ。」と。戦争で焼け残っている家の屋根裏部屋にあった布団のかすりです。yさんの町は伝さん、そして、儀衛門さんが住んでた町です。

もらった当時は、恥ずかしいことですが、まさか、伝さんのものとは思いもしませんでした。もう、ない、ということは知っていましたから。素敵だなあ、と思い、いつもどうり、パッチワーク仲間にきりわけてあげました。

何年かたち、伝さんの資料を調べていくうちに、これは?と思い始めました。いろいろ調べた 結果伝さんのものと確信しました。文化財保持者のお二人にも見ていただきました。当時の糸で確かです、ということでした。

いま、その兄弟は、わたしの手元、下さったyさん宅、織り元のkさん宅、残りの布はパッチワーク仲間の手元3,4人のところに分散しています。。皆さん大事にされてるかな。なかには、その事実を、いまだ知らないままの人も、います。

写真の布がそうです。貴重な 久留米の財産をきざみ切った私を、yさん許してください。 伝さんを、親しく感じることが出来るのはこの布のお陰です。
copyright 2005 kobo-akino.com all rights reserved.