久留米絣工房藍木野 久留米絣への想い 〜第六回 私の宝もの〜

久留米絣工房藍木野ホームへ戻る 会社案内お問い合わせサイトマップショッピングホーム
久留米絣への想い井上伝と私

読み物コーナー 店主よしだの『久留米絣への想いと私の宝もの』

6.私の宝もの

私の宝もの久留米に住んでいた頃、ある骨董屋さんでこの絣に出会い、私は心がおどりました。

絣好きだった私ですが、この織りには感動し、声も出ませんでした。

一つ一つ楽しんで、柄を考え、くくりを考えたのでしょう。すべて違うということは、くくりも全て違うということです。

見本として作られたのでしょうか。

「明日お金を用意してきますから、とっておいて下さい。」と。
その夜はうれしくて眠れませんでした。

すばらしいものに出会ってしまいました。
copyright 2005 kobo-akino.com all rights reserved.