久留米絣工房藍木野 久留米絣ができるまで

久留米絣工房藍木野ホームへ戻る 会社案内お問い合わせサイトマップショッピングホーム
久留米絣ができるまで

久留米絣ができるまで

久留米絣のこと

久留米絣は木綿の織物です。200年ほど前に一人の少女、井上伝によって創案されました。

図案を考え、糸の段階から先染めをし、たて・よこの糸をそれぞれに染め、織っていきます。
手織りと動力織りがありますが、ともに製作過程は複雑で、高度な技術が必要です。

くくり、染め、織りのほかに、何十もの行程があり、反物が一反できあがるまでには、約2ヶ月かかります。

久留米絣は糸、染めの品質もよく、丈夫で長もちします。
着るほどに心地よくなるので、普段着にもおしゃれ着にも最高です。
久留米絣の反物を作る工程(ほんの一部です)

柄を絵描く

縦糸の整形

縦糸のくくり

色付け

染めた糸を天日で干す

縦糸の荒巻き
copyright 2005 kobo-akino.com all rights reserved.