藍木野と井上伝

1. 藍木野


 藍木野は、久留米絣、手作り洋服店として、下北沢の本多劇場を出た通路を出たところの小さなコーナーでひっそりとはじまりました。1995年の4月2日のことです。

しかしもっと詳しく言えば、それ以前、久留米絣の地元福岡県の久留米南町です。私は趣味で絣の古布や久留米絣の手織りの収集に熱中していました。絣を通して、生涯忘れられない織元さんや人との出会いがありました。

これからはそんな藍木野の物語や、尊敬する久留米絣の創始者井上伝のことなど、いろいろとおしゃべりをしていこうと思っています。井上伝ファンクラブが生まれることを夢見て。
 私はもう一度、愛すべき人物像として、井上伝が世に出て欲しいなと思っています。井上伝は久留米の米屋の娘。
こういう私も大牟田市の元米屋の娘です。また、ここでは私の収集したお宝も時々お見せします。久留米絣、絣大好きの皆様、よろしくお願いします。

2. 井上伝のこと

 久留米絣の創始者、井上伝は1788年、米屋の娘として生まれました。子供の頃から、手が器用で針仕事が大好き。8才から機織りを習い、12~13才の頃には木綿織では大人に負けない織り手となり家計を助けるまでになっていました。

12才といえば、今、小学6年生です。伝がいかに織りが好きで、この仕事にのめり込んでいたかがわかります。

久留米絣を考案したのもこの頃です。着古した藍無地の着物のところどころ白く色が抜けているのに気付き、その美しさに魅せられて、そのからくりをさぐり、久留米絣を誕生させました。それが霰(あられ)、雪んこといわれる柄です。1800年頃のことです。

伝、15~16才の頃には、20人以上の人が絣織りの指導を求め、伝のもとに集まっていました。その後生涯を通じ、伝はひたすらに自らも織り、また多くの人に久留米絣を指導しました。

私は伝に心ひかれるのは、単にその仕事ぶりだけではありません。伝の生き方です。指導を求められれば誰にでも応じ、そして老いても遠くまで足を運び、指導したのです。生涯を通じ自らの経済力よりも、好きなこと、織ることに集中し、又指導を優先した生き方なのです。明治2年、1869年82才で亡くなりました。その時、伝はささやかな借家住まいだったと聞いております。

2000年に、久留米絣誕生200年祭として、久留米では大きなイベントが催されました。私達藍木野も、その年の1月に下北沢本多劇場を借り切って、ファッションショーや絣の大作の作品展、久留米の名産品紹介など、お祝いのフェスティバルを盛大に行いました。

3.伝さんの絣が私のところに

私が久留米絣の収集に夢中になってる事を しって、学生時代からの友人Nさんのお母さんが、「そげん好いとるなら代々家に残っ取る絣ばやるよ」と。戦争で焼け残っている家の屋根裏部屋にあった布団のかすりです。Nさんの町は伝さん、そして、儀衛門さんが住んでた町です。もらった当時は、恥ずかしいことですが、まさか、伝さんのものとは思いもしませんでした。もう、ない、ということは知っていましたから。素敵だなあ、と思い、いつもどうり、パッチワーク仲間にきりわけてあげました。何年かたち、伝さんの資料を調べていくうちに、これは?と思い始めました。いろいろ調べた 結果伝さんのものと確信しました。文化財保持者のお二人にも見ていただきました。「当時の糸で確かです」ということでした。いま、その兄弟は、わたしの手元、くださったNさん宅、織り元の久保さん宅、残りの布はパッチワーク仲間の手元3,4人のところに分散しています。。皆さん大事にされてるかな。なかには、その事実を、いまだ知らないままの人もいます。写真の布がそうです。貴重な久留米の財産をきざみ切った私をNさん許してください。 伝さんを、親しく感じることが出来るのはこの布のおかげです。 

4.運命の再会 2007年 布団柄絣二点

 18年ぶりに隣同士に飾ってあげました、この二枚の久留米絣布団柄の古布。久留米にあった骨董屋、「四月の魚」で買った布団柄は右です。日高さんが持ってきた布団柄が左です。
 久留米の「四月の魚」では、この二つが一緒に飾ってありました。お店に入ったと同時に私はこれらの久留米絣の織りに感動し、圧倒されました。出所を聞くと、吉井の方ですと言われました。多分二枚同じところにあったものでしょうと。しかし当時のわたしの経済状態では両方を一度に手に入れることは出来ませんでした。次の日に右の布団柄を戴きました。とても高価なものでした。

日高さんにこの柄を見せられたとき本当に驚きました。「四月の魚」さんにあったと同じものかどうかはわかりませんが、柄は同じです。布味も似ています。その運命的な再開に二人で喜びました。展示会の主役はこの二枚の久留米絣布団柄です。

「四月の魚」さんに飾ってあったように、そして、多分、元の持ち主の方の家に、ずっとこうして、対のお布団として?あったように、二つ並べて飾りました。
 お店いっぱいに飾られた二枚の布団柄は圧巻です。綺麗です。一つひとつ違う柄の括りの作業の大変さを思うと、気が遠くなります。 ぜひこの機会に実物を見にいらっしゃいませんか?

5.古布 布団柄

学習研究社の本「古布に魅せられた暮らし」其の六に吉田が、そして、其の五に日高さんが紹介されました。写真撮りの日は、朝から一日中かかりました。

集めた古布を広げると、何度眺めても、不思議と新鮮な感動に包まれます。

洋服に作る人が多いですが、私は、インテリアとして、タぺストリーにしたり、クッションにして愉しむのが好きです。ただ古布を壁にピンナップするだけでも素敵、タンスに掛けるのもいい